結局医薬品はどうなの?

結局医薬品はどうなの?

様々なおしりブツブツに使えそうな医薬品を紹介しましたが、結局どれがいいの?と迷ってしまった方も多いかもしれません。市販の医薬品は主に炎症を抑えたり、角質を柔らかくする効果があるものです。医薬品は次のようなケースで使用しましょう。
・ ブツブツが炎症を起こしたとき
・ かゆみが強く掻いて酷くなるとき

 

主に炎症が起きたときや症状が酷くなった際に便利なのが医薬品です。おしりのブツブツを改善するというより、皮膚のトラブルを改善するためのものです。

 

そもそもおしりのブツブツはなぜできるのでしょうか?ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まる、肌の乾燥が主な原因です。そのため医薬品ではなかなか改善しにくくなっています。保湿力が高い医薬品もありますが、薬剤が配合されていることから長期使用での副作用も気になるでしょう。

 

おしりのブツブツケアは安全性が高く、毎日使っても刺激が少ないスキンケア品のほうが便利です。専用のケア商品で保湿力を高めたら、肌の代謝が改善され古い角質が除去された効果を実感する人も多くなっています。

 

医薬品はあくまでも炎症やかぶれに使用し、日常生活では肌に負担が少ないものを利用すると良いでしょう。使い分けすることでおしりのブツブツは改善しやすくなります。